アイフルの株価の急騰は仕手株の疑いを持つべき理由

株取引で儲けを出すには、購入した時よりも高い株価で売却を行うというのが基本です。そのため株取引を上手に行うには、目まぐるしく変化する株価の上昇や下降を先読みし、出来るだけ安い内に購入し、今度は高値を付けた時に売却するのが理想だったりします。もっとも大多数の人がそうやって、上手に売買しようとするため、株価の先読みは難しいと言えるのです。
そしてそんな株取引の難易度を、更に引き上げているのが仕手株の存在です。仕手株とは、資金を豊富に持つプロ集団が大量に購入する事で、株価の釣り上げを行おうと試みる銘柄の事を言います。株式の大量購入が始まると、当然ですが、一気に株価が高騰するため、多くの投資家も注目し、目立つ事になるのです。そしてその急騰を見て、自分も上手くその波に乗ろうと他の投資家も買い注文を出し、株価がより高騰します。
そしてそうやって高騰した所で、プロ集団は持ち株を一気に売却し、利益を得るのです。そして一気に株式が売却された事で、その銘柄は一転して下落を始め、後から購入した投資家は大きな損をする事になります。もっとも聞いた事がない様な企業の株式が、高騰を始めても怪しいんじゃないかと考える人が少なくないです。なので最近では、プロ集団も知名度のある会社の株式を、仕手株として狙う事も少なくありません。
アイフルも、そんな風に仕手株のターゲットとなり得る銘柄の一つです。アイフルと言えば、国内の大手消費者金融の一つとして抜群の知名度を誇っています。しかもアイフルは、テレビのシーエム等でも見掛ける事が多く、消費者金融を利用しない人でも馴染みを感じる会社だったりするのです。そのためアイフルの株価が急騰しても、そこまで疑問に思わず株式を購入してしまいます。ですが仕手株の値動きを、初心者が読むのは難しいので、アイフルの株価が不自然に急騰を始めても、手出ししない方が良いです。

ページトップへ