ダイダンの修正平均の仕手株について

株式市場には仕手株はつきものです。仕手筋と言われる集団は、仕手株のみで利益を追求しています。
どうして仕手株で利益を出すことができるのか、仕手筋は巨額な資金を持っています。この資金がないと仕手株も創出できないといえます。
簡単にいうと、ボロ株と言われる低位株を高値に誘導していくことで、他の投資家も巻き込んだ形になっていきます。
安価な株が高値の株に変貌していく中で、最初の頃から購入している株式を密かに売却していくのです。株価が天井を迎えるころには、完全に売り抜けているので、後から参集してきた投資家は大損を被るケースが少なくないのです。
仕手株になる共通項目は、値段が非常に安く、100円未満の低位株であり、株式市場に出ている発行株式数量が少ないことも要因です。更には、企業業績はボロボロであり、株価自体があがる要素がないのですが、こうした株式は少し買い集めるだけで、株価は荒っぽい値動きをしてくれるのです。
株価上昇局面だけでは、仕手株化どうかはわかりませんが、その企業の将来性はあるのかどうか、新技術を開発したとか、為替が企業に好影響を与えているとか、そういった要因が全くなくて、過去の日経平均や修正平均の動きと連動していない時には、仕手株を疑ったほうがいいといえます。
過去に、ダイダンがそうでなかったかと言われていますが、どちらにしても、仕手株と分かった時には慎重な対応が望まれます。
最終的に株価は業績に見合ったところへ向かっていきます。このため、急激に上昇している株式があるからといって、すぐに購入したりするのではなく、その背景を確認することも必要です。無駄な損失を受けないための防衛手段であるともいえます。

ページトップへ