仕手株はトピーより上場廃止になりそうな企業が危険

仕手株はまず後に高値で売りぬくための株がなければ話になりませんから、最初の段階では玉集めをすることになります。
しかし、一度に大量に買い注文を出せば仕手筋が仕掛けるような銘柄というのは大きく株価が動いてしまう可能性があるだけに、少しずつ時間をかけて玉集めをすることになります。

仕手筋が仕手株として狙う銘柄というのはトピーのように東証一部の大型株ではなく、上場廃止になってもおかしくないような企業を狙って買い集めることになります。
なぜ、トピーのような銘柄を選ばないのかというと、仕手株は玉集めが終わった後に株価を大きく吊り上げそれについてきた、買いにたいして集めた玉をぶつけるため株価を吊り上げなければ意味がありません。
しかし、トピーのような銘柄ともなると株価の吊り上げが困難であるため、このような銘柄は選ばれにくいものとなっているのです。

一方、上場廃止をしてもおかしくないような銘柄というのは株価も安く閑散としているので、玉集めが終わった後には大きく株価を吊り上げやすいものとなっているので、上場廃止になりそうな業績の悪い企業でも仕手筋からすれば関係がなく、むしろこのような銘柄の方が株価を吊り上げた時に目立ちやすいため狙い目の銘柄となります。
株価を吊り上げたら集めた玉を上手く買いにぶつけながら利益を確定しつつ、高値で掴んだ投資家の投げを拾って再度株価を吊り上げ空売りなどを巻き込んで買いが買いを呼ぶ状態に持ち込み、天上をつける前に集めた玉を買いにぶつけて自らは売りぬくことになります。
このような、作戦を取るには大型株よりも上場廃止になりそうな、株価のやすい銘柄の方が都合が良いため業績に問題があったり人気のない株ほど仕手株に選ばれやすいものとなっているのです。

ページトップへ