住友大阪セメントや全日空BIGは仕手株なりにくい

仕手株というのはなりやすい株となりにくい株があり、仕手株に投資計画を狂わされたくないというのであればなりにくい株を選ぶことでイメージ通りの投資をすることができます。

まず、なりやすい株というのはどのようなものかというと発行株数の少ない、小型株が選ばれやすくなります。
発行株数が少ないだけでなく時価総額が低い銘柄も選ばれやすく、なぜこのような銘柄が選ばれるのかというと仕手筋の資金力で株価をコントロールしやすいためです。
仕手株を成功させるには株価を吊り上げが絶対条件となりますから、株価のコントロールが難しい住友大阪セメントや全日空BIGな銘柄は選ばれにくいものとなります。

次にある程度取引がある銘柄でなければ、高値で売りつけるための株を集めるのが困難となってしまいますので、それなりに出来高のある銘柄が選ばれやすいものとなります。
そして、買い集めている段階で株価が上昇しては困るため、業績も低迷していて長い間株価が伸び悩んでいる銘柄ほど仕手株になりやすいといえます。

つまりこの逆の銘柄というのが仕手株にはなりにくいものとなってい、企業の規模が大きければ簡単に株価の吊り上げが行えないため仕手株の候補として外れやすくなりますし、業績が堅調で株価も順調に伸びているという銘柄の場合には買い集める段階で株価が上昇してしまうので、やはり仕手筋としてはあまり旨味のあるものではなくなってしまいます。
そのため、将来的に値上がりしそうな優良銘柄を選択して投資をすれば仕手戦に巻き込まれる可能性というのは少なくなるので、仕手株に惑わされたくないのであれば投資の基本である割安で放置されている優良銘柄を中心に投資をすると良いでしょう。

ページトップへ