商船三井の株価急騰には仕手株を疑うべき理由について

今や株取引と言えば、サラリーマンやOL、主婦といった普通の人達も多く行っています。そしてそんな株取引で効率良く儲けを出すための基本は、購入した時よりも株価が高値を付けた時点で売却する事です。そのため投資家の多くは、株式を安く購入し、高く売却しようと目論んでいるため、儲けを出すには如何に株価を先読みするかが大切だったりします。
ですが株価が目まぐるしく値動きする銘柄が少なくないため、先読みするのは容易ではありません。しかも更に先読みを困難にする要素として、仕手株の存在を無視する事が出来ないのです。そもそも仕手株とは、資金力を豊富に持つプロ集団が、特定の会社の株式を一気に購入する事で投資家達の注目を集め、株価の釣り上げを行おうとする銘柄の事を言います。そうして釣り上げに成功した所で、プロ集団は一気に株式を売却し、儲けを出すのです。
ただしプロ集団はその思惑を実現するために、仕手株となる銘柄を慎重に選びます。というのも知名度がない新興企業だと、株価が急騰しても投資家達が警戒して、食い付いて来ない可能性が高いからです。なので商船三井の様に、もう長く上場し続けている信頼性の高い銘柄を狙うケースが多かったりします。というのも商船三井ならば、急騰の反動で下落を開始しても、ある程度の所で下げ止まるという安心感を持つ事が可能です。そのため投資家も、手を出し易いと言えます。
更に株取引に慣れた投資家の中には、仕手株であると気付いていながら、その銘柄を敢えて購入する人もいます。というのもプロ集団の動きを先読みして、株価が下落を開始する前に売り抜ける事で儲けを出そうとするのです。ですがそういった仕手株の先読みは、高いリスクを伴います。なので株取引の初心者は、商船三井の株価が急騰しても、下手に手出しすべきではないです。

ページトップへ