株価テクニカル分析データで仕手株を探すには

仕手株に乗っかって利益を得ようという発想は間違ったものではないでしょう。そのためには、まず探さなければなりません。探し方についてですが、株価テクニカル分析データを用いるのは良い方法だと考えられます。多くの場合には、一気に株価が上昇します。株価テクニカル分析データを見れば、オシレーター系の指標が割高を示す場合が多いです。割高を示すと空売りが増え、この空売りの踏み上げによってさらに上昇するということを利用して上昇します。ですから、空売りをしやすい状態というのが仕手株に乗っかる方法の一つと考えられます。そのためには、RSI、ストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル指標を用いるのが良いです。

仕手株の可能性があるかどうかを大まかに知りたいというのであれば株価上昇ランキングを用いるのは良い方法です。株価が一気に上昇した銘柄は仕手筋が買い集めていることが多いです。ランキングをチェックしていると不自然な上昇をするものを見つけられる可能性が高いですから、これらのチャートを見て判断しましょう。ファンダメンタルズ的に言えば、良くも悪くもない銘柄が適しています。また、過去の出来高が少ないものが好まれるようですから、チャートで出来高を表示させて分析するのも良いでしょう。出来高に関するテクニカル指標を用いると判断しやすくなります。出来高が一気に増えているものなら、仕手株として売買されている可能性があります。株価テクニカル分析データでは、オシレーター系と出来高に関する使用を用いるのだけでも、取引に適したものを見つけやすくなります。ただ、オシレーターが割高を示しているからと言って、仕手株を売ると危険です。

ページトップへ